COLUMN * 教えて!インテリア相談室

コラム一覧に戻る

プリーツスクリーン施工例(1)

プリーツスクリーンは、プリーツ加工の

凹凸が生み出す光と影の

コントラストが魅力です。

また、どんな窓にも対応できる柔軟性を

備えたデザインも特徴です。

和室以外にもリビング・寝室にも

おすすめです。


■ドレープ生地の場合

2枚の生地を組み合わせて、光を

細かくコントロールできる『ペアタイプ』。

朝・昼・夜の光量に応じて

お部屋に入る光を調節できます。

夜はドレープで光を遮って

しっかり目隠しを。

■上から光を入れたい場合

日中、少しだけ光をお部屋に入れたい

時に上の部分だけレースにすると

やわらかな光がお部屋に入ります。

また、隣接する建物の上階からの

視線を遮りながら、下部から

採光できます。

■レース生地の場合

昼はレースで開放的に

光を採り入れたいときにおすすめです。

外から見えにくいミラーレースも

あり、プライバシーが確保

されます。