COLUMN * 教えて!インテリア相談室

コラム一覧に戻る

遮光性や断熱性を高めて省エネをしたい

カーテンの役割は遮光や断熱、遮蔽ですが、カーテンの縫製やカーテンレールでその機能性をさらに上げることができます。特に最近は省エネにも力を入れており、より高い機能性が期待できます。

機能性カーテンはこんな人にオススメ
 ・クーラーの冷気を逃したくない。
 ・窓から漂ってくる冷気をなんとかしたい。
 ・室内の光をなるべく外に漏らしたくない。
 ・タッセルを使わずにカーテンをたたみたい。
 ・出入りの際にカーテンが邪魔になるので簡単に移動させたい。
 ・カーテンの開閉の音を小さくしたい。

機能性レールと装飾レールの違い

カーテンレールは「機能性カーテンレール」と「装飾レール」の2種類に分けられます。

■機能性レール:機能性を重視しています。
断熱や遮光のほか、操作性にもこだわったものがあります。最近はフォルムやカラーなど装飾性も考えられているものが多くなっています。

装飾レール:インテリア性を重視しています。
素材やデザインにこだわっており、カーテンと合わせてコーディネートすることでワンランク上のお部屋を演出することができます。

リターンカーテンで断熱・遮光する

リターンカーテンとは、サイド部分にまでカーテンが来るように縫製されているもので、暖房効果を上げることができます。
カーテンレールの中にはリターンカーテンを綺麗に見せてくれるものもありますので、上手く組み合わせて機能性と装飾性を高めましょう。

カーテンレール上部にカバーを取付けて断熱・遮光する

カーテンレール上部にカバーを取り付けることで、レール上部からの空気の流出入を防ぎ、省エネ効果を高めます。また、上部からの光漏れを防ぐこともできます。
リターンカーテンと組み合わせることで、より省エネ効果を発揮します。

ストッパーで明るいお部屋にする

カーテンストッパーとは、窓の開口部を広く確保できる部品です。
カーテン生地や芯地の反発で閉まってしまうカーテンを、いつもの操作で好みの位置にとめることが可能になります。

マグネットランナーで出入りを楽にする

マグネットランナーとは、レールの両サイドからカーテンを開閉できる部品です。
カーテンが邪魔にならず、引き違い窓やサッシでも人の出入りがスムーズにできます。
ベランダやお庭に面した窓にオススメです。