COLUMN * 教えて!インテリア相談室

コラム一覧に戻る

遮光カーテンは必要?

遮光性について

遮光とは、外の光が内部に射し込むのを防いだり、中の光が外に漏れるのを防ぐことです。
一日の疲れを取る為の大切な睡眠をより快適な環境で得られるよう、また、防犯面(プライバシー保護)では、室内の人影がカーテンに映ることがないよう開発されたのが、遮光性を重視した「遮光カーテン」です。

また、遮光カーテン は断熱性にも優れているので、お部屋の冷暖房効果を高めるのにも役に立ちます。

遮光1級・遮光2級・遮光3級

主に寝室で使われることを前提に、外光を遮ることを主目的につくられた「遮光カーテン」には、そのレベルに応じて3つの等級が与えられています。
遮光1級に近づくにつれて遮光性が高く(光を通さない)なります。それぞれの遮光性を参考に、ご使用される部屋やシーンに合わせてカーテンを選びましょう。

■遮光1級:遮光率99.99%以上。
      「真っ暗」は人の顔の表情が識別できないレベル。
■遮光2級:遮光率99.80%以上99.99%未満。
      人の顔や表情がわかるレベル。
■遮光3級:遮光率99.40%以上99.80%未満。
      人の表情はわかるものの、事務作業をするには暗いレベル。
遮光カーテンでないものでも、裏地と組み合わせることで遮光性をアップすることができます。生地の選択範囲がより広がり、カーテンの裏面も美しく見せることができます。当社では、よりおしゃれで個性的なコーディネートをお楽しみいただけます。

透過性について

透過とは、太陽などの光がカーテンを通り抜けることです。

透けてカーテンの向こう側が見えている状態を「透過性が高い」
カーテンの向こう側が見えにくい状態を「透過性が低い」と言います。

日中、外光をたくさんとるなら透過性の高いもの、プライバシーを重視するなら透過性の低いものを選ぶと良いでしょう。また、目隠し効果のあるミラー調カーテンにすることで、より透過性を低くすることができます。
目的に応じて、どれくらいの透過性にするか選択しましょう。

透過性のランクについて

透過性は一般的に6つのランクに分けられます。
TP6が最も透過性が低く、TP1が最も透過性が高くなります。

【透過性:低い
■TP6:透過率11.01〜15.00
TP5:透過率15.01〜25.00
[屋内から屋外を見た様子]
遮へいの効果が高く、外の様子がほとんど分かりません。
視線が気になるところにオススメです。
[屋外から屋内を見た様子]
室内の様子はほとんど分かりません。

【透過性:普通
TP4:透過率25.01〜35.00
TP3:透過率35.01〜45.00
[屋内から屋外を見た様子]
人物がいるのは分かりませんが、男女の区別はつかない程度です。
[屋外から屋内を見た様子]
室内に置いてあるテーブルの上のカップや、人物がうっすらと分かります。

【透過性:高い
TP2:透過率45.01〜55.00
TP1:透過率55.01〜65.00
[屋内から屋外を見た様子]
人物の認識ができ、男女の区別がつきます。
[屋外から屋内を見た様子]
室内に置いてあるテーブルの上のカップ の色や形が分かります。